なぜ、玄米食か


玄米の優れた点は、数限りなく、いろいろなところで述べられていますし、今更、解説の必要はないくらいです。
でも、ちょっと自分なりにまとめてみました。

<玄米の優れた点>
・全体食であること
>つまり、精米されていないため、糠や胚芽の大事な栄養素がある。
>水に付けておくと発芽する生命力のある完全栄養食であること。
・低糖質であること
>精米されていないので、糠や胚芽が付いている分、100gあたりの糖質量が低くなる。
・野菜不足を補える
>ビタミンB群、ビタミンE、鉄、マグネシウム、カリウム、マンガン、亜鉛などの野菜にも多いビタミン・ミネラルが含まれる。
・食物繊維が豊富
>白米の約5倍の食物繊維を含んでいる。

特に、全体食である点が重要です。それだけで、生命力があって完全な訳ですから。
つまり、ちょっと極端に言えば、玄米だけ食べていれば、事足りるということです。
それで満足かどうかは別として・・・。

なので、別の言い方をすれば、全体食であれば、何も玄米に限らないということですね。
全粒穀物と言われるオートミールなんかも、これに当たるでしょう。
魚1匹とか、牛1頭も全体食には変わりありませんが、これはかなり厳しいですね。

玄米やオートミールのような穀物は、とても手軽に摂取できるので、日々の食事の中心にするということが大事です。
やってみると、他にはいらないんじゃないかというところが、実感として分かってきますよ。

玄米やオートミールは、おいしくないイメージがあるかも知れませんが、やり方次第では、ずいぶん違ってきます。
調理法は、ネットに沢山紹介されていますので、そちらを参考にしてみてください。




Copyright © 62歳で無理なく脂肪が取れた!〜半年で7s減量〜 All Rights Reserved.